旦那の浮気が発覚!離婚をする時に請求できる慰謝料の相場はいくら?

3 min 155 views
割れたハートチョコ

浮気をしている兆候がある旦那。

もちろん浮気をしてないことを願いたいですが、女の勘は当たることが多いですよね…

もし浮気をしているなら許せない!

状況によっては、離婚することも視野に入れています。

もし旦那の浮気が原因で離婚する場合、慰謝料はどれくらい請求できるのでしょうか?

できることなら、浮気相手の女性からも慰謝料をもらいたいものです。

今回は、実際にどれくらいの慰謝料をもらえるのか、相場を調査してみました。

スポンサーリンク

そもそも慰謝料とは?

慰謝料とは、浮気・不倫した夫(妻)と、その相手から受けた精神的苦痛に対して支払われるお金のことです。

責任は浮気をしていた2人にあるため、慰謝料は夫(妻)だけでなく、浮気相手にも請求をすることが可能です。

離婚をせずに夫婦関係を継続させる場合には、浮気相手だけに慰謝料を請求するケースもあります。

そもそも慰謝料が発生するのは、「不貞」が成立する場合です。

不貞行為とは、配偶者のある人が、配偶者以外の人と肉体関係を持つことです。

つまり「不貞」が成立するのは、性交渉があることが前提となってきます。

配偶者以外の人と男女交際をしているだけで、肉体関係がなければ「不貞」にはなりません。

ちなみに民法第770条の第1項には、裁判上の離婚についての規定がされています。

その中にはきちんと「不貞」について定められていますので、不倫はれっきとした離婚原因の1つなのです。

慰謝料はどういった時に請求できる?

浮気による慰謝料が請求できる条件は、以下の通りです。

  • 浮気相手と肉体関係がある
  • 浮気が原因で夫婦関係が破綻した
  • 証拠がある
  • 浮気の時効が成立していない

ちなみに、相手側も不倫をしているダブル不倫だと、浮気相手への慰謝料請求が難しくなります

あなたと浮気相手の配偶者の2人が、被害者になってしまうからですね。

浮気相手と肉体関係がある

先ほど説明したように、慰謝料が発生するのは「不貞」が成立する場合です。

肉体関係がない場合は、慰謝料は請求できません。

浮気が原因で夫婦関係が破綻した

相手の浮気によって、夫婦関係が破綻したということを立証しなければなりません。

立証するには、夫婦関係の破綻についての客観的な事実の主張が必要になってきます。

長期間別居しているなら、いつ別居して、その後どのような経緯をたどってきたのかを示す必要があります。

日記や夫とやりとりしたメールなど、記録になりそうなものは保管しておきましょう。

証拠がある

慰謝料請求する際に、1番大事なことです。

夫(妻)が浮気相手と肉体関係があることを示す証拠を集めましょう。

  • メール・LINE
  • SNS
  • 通話記録
  • 領収証
  • 写真
  • 交通ICカードの記録

このような証拠があるのが理想です。

逆に、改ざんが疑われてしまうものは証拠になり得ません。

  • スクリーンショット
  • 加工可能な音声データ
  • 違法に集めたもの(盗聴、盗撮)

このようなものは証拠になりづらいということです。

浮気の時効が成立していない

浮気の時効は、被害者側が浮気の事実を知った時点から3年です

もしくは過去の浮気でも、20年以上経っていないのであれば、離婚後に発覚した場合でも慰謝料を請求することができます。

「浮気を知った時点から」というのがポイント。

20年前までの過去にさかのぼって慰謝料を請求できるんですね。

浮気をされた時の慰謝料の相場

慰謝料の相場は、一般的に50万円~300万円と言われています。

ただ、慰謝料の金額に明確な基準はなく、状況によって決まることが多いです。

実際に裁判になった際の慰謝料の相場の目安を見てみましょう。

慰謝料は、今後も夫婦関係を継続するのか、それとも離婚や別居をするのかで変わってきます

  • 夫婦関係を継続する場合:50万円~100万円
  • 浮気が原因で別居に至った場合:100万円~200万円
  • 浮気が原因で離婚に至った場合:200万円~300万円

相場は結構安い印象がありますね。

本当にその通りだと思います。

こういう人がいるのも理解はできますよね…

ちなみに、芸能人の離婚ではよく莫大な慰謝料が話題になりますよね。

それは、財産分与を含んだ金額だからです


裁判では慰謝料の相場が基準となるため、一般の人で億単位の支払いを命じられることはまずありません。

慰謝料の金額を増減させる要因

できることなら慰謝料は多くもらいたいですよね。

慰謝料は様々な事情や状況で増減することがあるので、それぞれ見ていきましょう。

増額になる要因

  • 婚姻期間の長さ:婚姻期間が長いほど高額に
  • 浮気発覚前の婚姻生活の状況:家庭円満であった場合は浮気相手が家庭を崩壊したと判断し、責任が重くなり高額に
  • 浮気相手の認識:浮気相手が、夫(妻)が既婚者だと知っていた場合は高額に
  • 浮気の期間・頻度:長年にわたり繰り返されている場合は高額に
  • 浮気の否認:浮気が明らかな状況で否認を続ける場合、被害者の心情を踏みにじったと判断され高額に
  • 精神的苦痛:浮気によって大きな精神的損害が発生し、それを裏付ける証拠(診断書など)があると高額に
  • 夫婦間の子どもの有無:夫婦間に子どもがいる場合、離婚による影響が大きいため高額に
  • 配偶者・浮気相手の経済力:配偶者・浮気相手に経済力があれば、それに見合う高額な慰謝料が認められやすい

このように、状況によっては相場よりも慰謝料を高額で請求できる可能性があります。

減額になる要因

逆に、慰謝料が減額になってしまう場合もあります。

  • 浮気相手の反省・謝罪・社会的制裁:浮気相手が真摯に謝罪していたり、社会的制裁(退職など)を受けている場合、慰謝料が減額されることがある
  • 自分自身の落ち度:性交渉に応じないなど、浮気をするようになった落ち度が自分自身にある場合、慰謝料は減額される傾向がある

浮気された被害者なのに、減額されるのはつらいですね・・。

まとめ

できれば、円満な夫婦生活を送りたいものです。

しかし、一度相手に裏切られてしまったら、そのまま関係を続けるのは難しいのが実情。

精神的につらい状況だとは思います。

ですが、もし相手の浮気が原因で離婚をする場合は、まずは証拠をしっかり集めることが大事です。

できるだけあなたに有利になるような条件で進めていきましょうね。

スポンサーリンク
risa

risa

旦那は仕事が不規則で、土日も出勤しがち。
仕事が落ち着いたらゆっくり旅行に行くのが夢です。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です