旦那に依存してしまう|束縛してしまうのは依存症かも?理由と対策は?

4 min 106 views
手をつなぐカップル

「旦那のことが好きなのに、結婚したらかまってもらえなくなった。」

そう感じている方も少なくないのではないでしょうか。

私もその経験をした一人です。

中には、そんな寂しさや不安がエスカレートしてしまい、旦那に依存するようになる人もいるんです。

  • 四六時中旦那の行動が気になってしまう
  • 旦那の帰りが遅いと浮気を疑ってしまう
  • 旦那のスマホをチェックしたい(している)

などなど・・・。

こうした自覚症状があると、もしかしたら夫依存症かもしれません。

依存してしまうと、やたらと旦那の行動をチェックしたり、必要以上に束縛したりするもの。

日常的にそんなことをしていると、逆に旦那に嫌われてしまうことも・・・。

そこで今回は、旦那に依存してしまう理由と対策について紹介していきます。

スポンサーリンク

旦那に依存してしまう理由

旦那に依存してしまう理由として、「寂しさ」と「不安」を感じていることが挙げられます。

  1. 夫から愛されていないのではないか
  2. 捨てられてしまったらどうしよう
  3. 経済的にも生きていけなくなる

最初は単純に「旦那のことが好き」という感情が大きいだけだったのかもしれません。

ですが、結婚生活を続けていると慣れが生じてしまい、なかなか旦那さんにかまってもらえなくなってしまうことも。

付き合っていた頃のような関係性でいられず、寂しさや不安を感じることが発端で、必要以上に夫に執着して依存状態に。

依存が強くなってしまうと旦那の行動が常に気になったり、携帯をチェックしたくなったりと、旦那を束縛するようになってしまいます。

こうした夫に対する依存は「夫依存症」とも言われていますね。

夫のことが好きで、一所懸命に家事をしたり、旦那さんに尽くしたりする人ほど陥りやすいようです。

旦那依存による悪影響

旦那に依存してしまうと、次のような悪影響を及ぼします。

  • 旦那の行動が気になって束縛してしまう
  • 旦那が束縛に疲れてしまい逆効果になる

旦那依存が強いと、旦那の行動が常に気になってしまって、束縛してしまうことにつながります

もしも今、「常に旦那のことが気になって落ち着かない」、「スマホをチェックしている」なんてことをしている場合は、すでに夫依存症かもしれません。

旦那に愛されていないかもしれないという不安からの行動かもしれませんが、行き過ぎると逆に夫婦関係の悪化につながります。

妻からの束縛で「常に監視されている」ような状況になると、旦那は家に帰りたくなくなってしまいます。

そういった心理から、旦那の帰りが遅くなり、家にいる時間が短くなってますます関係は悪化。

帰りが遅いことや家にいない時間が長いことを心配した妻は浮気を疑い、旦那に問い詰めたり束縛が強くなってしまったり・・・。

こうした悪循環に陥ってしまい、最悪の場合本当に浮気されて離婚問題にまで発展しかねません。

最悪の事態を避けるためにも、心当たりがあるなら依存から抜け出すように取り組んでいきましょう。

旦那依存から抜け出す方法

旦那依存から抜けだす方法として、次のようなものが挙げられます。

  • 自分自身が楽しめるものを見つける
  • 自分でお金を稼いでみる

どちらもキーワードは意識を自分に向けてみる、ということ。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.自分自身が楽しめるものを見つける

旦那以外に、自分自身が楽しめるものを見つけるのが一つの手段です。

というのも「旦那依存」の妻は、意識が常に旦那に向いてしまっていて、自分自身を見失ってしまっています。

心を満たすものが「旦那に愛してもらうこと」だけになってしまい、趣味がない・他の自分の楽しみが何かわからない、といった状態になっていることも。

自分自身が興味を持てるものを見つけて自分の心を満たすことで、徐々に依存から抜け出すことができます。

具体的には、

  • 好きなものを食べる
  • 趣味を見つけて没頭する
  • マッサージやエステに行く
  • ペットを飼うなどして愛情の対象を増やす

などなど。

もし自分の興味や楽しみがわからないのであれば、一度立ち止まって「自分がかつて好きだったもの」を思い出して書き出してみることから始めるのもいいですね。

また、今まで特に趣味がなかったのなら、これから何が趣味になるかはわかりませんから、自分の興味の持ったものにどんどん触れていくのもいいかもしれません。

趣味を見つけるのにも、「それをすることでメリットがあること」から見つけていくのも一つの手段ですよ。

たとえば、日頃「運動不足だな」と思うなら、ジムに通ったりスポーツ自転車を始めるなどするのもおすすめ。

ストレス発散しつつ運動不足解消につながるので、一石二鳥ですよ。

2.自分でお金を稼いでみる

専業主婦の場合は、自分でお金を稼いでみるのがおすすめです。

家計を旦那の収入のみに頼っているために「旦那に捨てられたくない」という一心から依存症になってしまうこともあります。

それなら、一度自分でお金を稼ぐことで「稼ぎ方を知る」のがおすすめです。

仕事やパートに出ることも一つの方法ですが、専業主婦だと旦那さんに嫌がられてしまうことも。

ですが、その他にも稼ぎ方は様々あります。

  • 不要なものをフリマアプリやオークションサイトで売却する
  • 趣味や得意なこと(手芸や絵など)を活かして販売する
  • クラウドソーシングサイトに登録して在宅で仕事する

などなど。

私自身も、こうしてWebライティングで収入を得ることが出来ています。


\ 在宅仕事のマッチングサービス/


稼ぎ方がわからないと、精神面だけではなく収入面でも旦那に依存してしまい、ますます依存から抜け出しにくくなってしまいます。

少しずつ稼ぎ方を身に着けていければ、収入面での不安は緩和されますよ。

また、趣味を活かして稼ぐことができれば楽しいですよね。

ですが、趣味が仕事のようになってしまうと楽しくなくなって、むしろ重圧になる方もいるかもしれませんので、その見極めは必要です。

自分の心を満たすのが大事

最初のうちは「自分がそんなに稼いでいるわけでもないのに趣味なんて」と思われるかもしれません。

ですが、専業主婦は24時間365日働いているようなもの。

心安らぐ時間は、自分で作ろうと思わない限りできません


あらゆる家事へのプレッシャーの中、毎日精一杯頑張っていると思います。

それなら、気持ちを向ける先を旦那さんだけにするのではなく、自分が楽しいと思えることに向けるのは何も悪いことではありません。

むしろ、自分の心を満たせるので良いことなんですよ。

旦那さんと一緒に幸せな家庭を作ろうと思うのなら、自分自身が楽しんで幸せを感じられるようになることも大切。

自分が満たされていれば、自ずと幸せな家庭を築いていけるのではないでしょうか。

おわりに

旦那に依存してしまうと、旦那も自分も精神的に辛い状態になってしまいます。

それよりも、自分が没頭できる趣味や仕事を見つけて心を満たしていきましょう。

そうすることで旦那依存から開放されて、夫婦がお互いに気持ちよく生活できるようになりますよ。

いきなり夫依存症から抜け出すのは難しいかもしれませんが、自分の興味を向けられるものを見つけて、徐々に改善していきましょう。

スポンサーリンク
紗弥

紗弥

医療関係の旦那と二人暮らし。
おうち時間でライターや習い事も頑張ってます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です