旦那のめんどくさがりには我慢するしかない?改善策と意外なメリットも

2 min 167 views
めんどくさがり

仕事から帰って、ずっとテレビの前で寝転んでいる旦那。

ソファで寝落ちすることもしょっちゅう・・・

翌朝、休みの日だとそのまま動かないんですけど!

ベッドや、ダイニングテーブルへ移動するのもめんどくさそう。

どんだけめんどくさがり!?

ちょっとは家のことを手伝って欲しいですよね。

ということで、

  • めんどくさがり夫に家事をしてもらう方法
  • 実は悪くない!?めんどくさがりのメリット

について考えてみました。

スポンサーリンク

とにかく旦那が動かないので邪魔

旦那は仕事から帰ってくると、電池切れのようで動かなくなります。

会社での評判は悪くないので、会社では動いてるハズなのです。

仕事がめんどくさがりの原因なのかな?

旦那の脱ぎっぱなしの服、食卓に置きっ放しの様々なもの。動かしてもまた同じ場所に置きっ放しです。 そこが定位置だと思えば良いのですか?

引用::Yahoo!知恵袋

にしても、家ではめんどくさがり屋になる旦那の多いこと!

テレビの前から動かない旦那を「風景」とでも思ったらいいのでしょうか。

そんな達観する心境まではまだ難しいですね。 体が大きいからやっぱり邪魔です・・・

何もしない旦那に家事を教えるには

夫に「家事を手伝ってもらう」難題に成功した方もおられます。

男性はやったことがないこと、知らないことに不安を覚えます。男性は女性以上に、仕事で間違いをおかすと怒られる、信頼を失う恐怖心が身についています。女性に怒られることほど悲しいことはありません

引用:Yahoo!知恵袋

つまり、

  • 命令ではなく「やってくれたら嬉しいな」
  • できたら「すごい!」
  • 失敗しても怒らない
  • 無理強いはしない

かなりの忍耐が必要。

さらに、我が家の場合は

  • 脱いだものは洗濯かごへ
  • 食べ終わった食器はキッチンへ

このレベルから始めないといけません。

家事と呼ぶのもおこがましいですね。

言わなくてもやってくれる日は果たして来るのか?

ものぐさ夫にも良いところがある?意外なメリット2つ!

旦那がめんどくさがり屋・ものぐさで「よかった点」も実はあります。

嫁側に決定権がある|イベントや旅行など

夫は何か決めることすら面倒なので、 「(妻が)好きなようにすればいいよ」 ということも多いんですよね。

例えば旅行先を決める時など。

子どもの行きたい場所・私が行きたかった場所に、ほぼ100パーセント行ってます。

旦那が気にするのは、旅行代金くらいかな?

実家との食事会など、家族でのイベントの準備もほぼ丸投げ。

できれば、もうちょっと関わって欲しいかな・・

とはいえ、細かく口を出されないのは慣れてしまえば快適です。

ものぐさ夫は浮気の心配が少ない?

浮気の心配も少ないと思っています。

というのも、よっぽどマメじゃないと浮気なんてできない(ハズ)ですよね!?

急に夫がマメに家事をするようになったら・・

嬉しい反面、

何かやましいことでも!?

と、疑ってしまうかも。

デメリットは家事育児の負担がすべて私にくること

デメリットは、 家事育児がすべて私の役目となり負担が多い事。

とにかく疲れるってことですね!

子どもが一人増えたみたいに世話がかかるし、自分のことは自分でしてくれないと困るのです。

旦那は残業もこなして、仕事を頑張っているのはありがたいのですが・・

主婦といえども忙しいのですよ。

まとめ

めんどくさがり屋の旦那との生活は、 家事育児だけでなく、大人一人分の世話まで増えることになります。

言っても言ってもやってくれない旦那に不満がつのりますが・・・

ただ、めんどくさがりな夫との生活も、悪いことだらけではありません

なのでイライラせず、少しずつでも家のことをお願いしていこうと思います。

スポンサーリンク
たまみ

たまみ

子育てしながら在宅ワーク中のアラフォー主婦。
マイホーム目指して貯金に励んでいます。
旦那は残業が多くてすれ違いがち。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です