旦那がずっと家にいて苦痛!在宅ストレス症候群のチェックと対処法まとめ

3 min 151 views
夫へのストレスチェック

定年後、旦那がずっと家にいることになったらどうしよう・・

これって、正直まだ先の悩みだと思っていました。

だけど新型コロナの影響で在宅勤務が増え、旦那が家にいる時間が増えてしまってイライラ・・・

こんなはずじゃなかったのに!

仕事の日も休日も家に旦那がいると、主婦の私がくつろげる時間もなくて苦痛です。

旦那がずっと家にいることがストレスになって、なんだか調子が悪い気もします。

全国に私と同じような主婦の方も多いのでは・・・ 急な環境の変化についていくのは、心身ともに大変ですよね。

「旦那が家にいることによるストレス」、一体何が原因なのかをチェックして、今後の対処法を考えていきましょう。

スポンサーリンク

夫がずっと家にいる!在宅ストレス症候群の症状について

旦那が家にいるだけで、自分のペースが乱れて、振り回されている感が半端ないんです。

こんな症状はありませんか?

  • 気分が落ち込んだり、イライラしたりする
  • 頭痛・めまい・動悸などの症状がある
  • よく眠れない
  • 病院へ行っても、はっきりした原因がわからないこともある

精神的・身体的な不調を感じるのに、これといった病名がつきにくいのも困った点です。

実は定年後の夫がいる主婦の不調については、以前から認知されています。

ウィキペディアに掲載されている事例もあり、その中から2つを簡単に説明していきます。

  • 主人在宅ストレス症候群
  • 夫源病(ふげんびょう)

主人在宅ストレス症候群とは

「主人が定年退職後、ずっと在宅するようになってから、私の体調は悪くなりはじめたんだわ」 彼女らは口をそろえたように主張するのだ。

引用:黒川順夫の心療内科ホームページ

心療内科医の黒川順夫氏が命名し、平成3年に学会に発表した「主人在宅ストレス症候群」。

吐き気や頭痛、うつ病に自律神経失調症など、重い症状が出ることも。

夫源病(ふげんびょう)とは

体の不調と治らない更年期障害。疲弊するばかりの妻は、それでもけなげに夫を支える。だが、その不調は夫が原因の「夫源病」だったとは!

引用:amazon

石蔵文蔵氏が更年期外来の診察をもとに、著書で発表したのが「夫源病」です。

夫源病は医学的な病名ではなく、あまり聞きなれない言葉でしたが、上沼恵美子さんが発病されたことで一気に注目を浴びました。

旦那がずっと家にいてストレスに感じるのは、今も昔も同じなんですね。

令和版・旦那の在宅ストレス症候群チェックポイントと対処法

新型コロナが落ち着いたとしても、在宅勤務は今後続くかもしれません。

定年を待たずして「旦那が在宅すること」に対しての対策を取らないといけなくなりました。

令和の時代に合った対処法を考える必要がありそうです。

在宅が増えた旦那のストレスがたまる行動チェック一覧|令和の働き盛り編

  • 自宅では自由気ままに過ごしている
  • 家事育児を協力する姿勢がない
  • 勤務形態の変更(外勤・内勤)を知らせない
  • 予定を聞くと管理されていると感じて嫌がる
  • そのくせ在宅中は妻を便利に扱う

旦那は仕事を頑張っているから、家ではダラダラしていても我慢してきた面もありました。

しかし「在宅勤務」となると、家でのオンオフがとてもわかりづらいのです。

今までどおり家事・育児は手伝う意思もなく・・・

「いつ出勤で、いつが在宅勤務なの?」

聞くとうっとうしそう。 いちいち聞いてくるなって態度なんですよね。

こっちだって段取りがあるのに・・

旦那が家にいると、食事の用意を気にしないといけなくてイライラします。

在宅している旦那と距離を置くのが一番の対処法

ずっと家にいる旦那とは「物理的な距離」を取るのが一番なんですが・・・

以前のように気軽に外出もできず、在宅しながらストレス解消する必要があります。

今の住宅事情では、それぞれが個室を持つことも難しいですよね。

そんなときにおすすめなのがパーテーションや間仕切りを使って、空間を分けること。

折りたたみタイプ・収納つきタイプなど種類も多く、リビングダイニングがひと続きの間取りの場合ならちょっとした個室のような雰囲気に近づく効果も。

とりあえず旦那の姿が見えなくなるだけでもいい感じです。

旦那の気配を感じない・・・旦那を空気のように思えたら楽かもしれませんね!

旦那の生活態度が変わらない・・・占いで今後を考えてみる手も

旦那が家にずっといるのは定年後だと思っていたのに・・・ 在宅することも増え、収入も減った。

家族として協力してくれることも少ない。

ずっとこのままなら・・長い人生、うまくやっていける気がしない。

我慢しようと思えばできる気もするけど、本当にそれでいいのかな・・

こういった悩みは、なかなかまわりの人たちに相談することができません。

かといって、一人で考えいても答えが出ない。

そんな時には思い切って「占い」に頼ってみるという方法もあります。

自分の状態を客観的に見てもらうことも時には必要。

これからの人生を良くするためにも、考えるヒントとして「占い」を利用してみるのもアリですよね。

電話占いヴェルニ

まとめ

旦那がずっと家にいてストレスを感じるのは、20代30代の主婦でもあてはまることです。

旦那が定年後、と思っていたら実は先のことではなくなっているんですよね。

我慢していると精神的・身体的な不調も出てくるので、どこかで対策が必要です。

旦那が生活態度を改めてくれるといいのですが、そうでなければ・・・ どこかで決断して行動することが今後のためになるといえます。

スポンサーリンク
たまみ

たまみ

子育てしながら在宅ワーク中のアラフォー主婦。
マイホーム目指して貯金に励んでいます。
旦那は残業が多くてすれ違いがち。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です