モラハラ旦那の具体例5パターンと対策|これが当てはまったら危険

3 min 108 views
見下す猫

最近、「夫婦間のモラハラ」がメディアなどで話題になることが増えてきました。

今まで意識していなかったけど「自分の旦那もモラハラ夫かも?」と思いはじめた人もいるのではないでしょうか?

実はモラハラ夫というのは意外なほどに多く、我が家の旦那もなかなかのモラハラ旦那なのです。

今回はそんな私がモラハラ旦那の典型例をご紹介します。

あなたの旦那さんも当てはまる部分があるのでは?

早めに気づいて対策していきましょう。

スポンサーリンク

これってモラハラ!?夫の言動の特徴や具体例

私が感じるモラハラ旦那の典型的な特徴はこちら。

  1. とにかく見下してくる
  2. 嫁に仕事をさせたがらない
  3. 実は気が小さい・気が弱い
  4. 外ではいい顔をする
  5. 両親や兄弟との関係に違和感がある

これが半分以上当てはまったら「モラハラ夫」の可能性があると思っています。

具体例とともに詳しく見ていきましょう。

①とにかく見下してくる

モラハラ旦那は「自分は絶対正しい」と思っているので、妻や子どもを下に見た発言をします。

何か決める時も、家族の意見は聞き入れてくれません。

  • 「こんなこともできないの?」などとバカにした発言
  • 身内のいうことは聞かず自分の意見を押し通す
  • 思い通りにならないと無視する
  • 平気で隠し事をする・嘘をつく

仕事が出来て口も上手いタイプの旦那には、ついつい従ってしまうこともありますよね。

こういった行動はモラハラの特徴なので、放っておくとどんどんエスカレートします。

兆候が見えたら早めに「やめてほしい」という旨を伝えるようにしましょう。

②嫁に仕事をさせたがらない

モラハラ旦那は妻に仕事をさせたがらない人が多いのです。

  • 女は家事や育児だけすればいいと思っている
  • 金銭面妻を束縛して自分の地位を確立したい
  • 嫁が活躍するのが気に食わない

理由は様々ですが、妻が外で働いてやりがいを感じたり、お金を稼いでくることが気にいらないのです。

仕事をして稼ぐことだけで、自分のプライドを保っているのかもしれません。

「外で働きたい」と伝えた時に、「どうせたいした仕事もできない」「お前の仕事なんて何の役にも立たない」などと言ってくることも。

その割には専業主婦に対して「誰の給料で生活してると思ってるんだ」などとマウントしてきます。

③じつは気が小さい・気が弱い

モラハラ旦那は、気が弱い人が多いのではないでしょうか。

  • 不安だから妻を拘束しておきたい
  • 妻だけにはマウントをとりたい
  • ストレスを身近な人で発散している

こんな人がモラハラ旦那になりやすいのだと思います。

自分に自信がなく不安なので、自分よりも弱い立場の人間をコントロールして気持ちのバランスをとっているのでしょう。

④外ではいい顔をする

人によく見られたいと思うのもモラハラ夫の特徴です。

家では家事も育児もしないのにイクメンぶったり料理上手アピールをしている旦那さん、多いですよね。

モラハラ夫の育児が微妙…「自称イクメン」の旦那あるある

逆に今どき「亭主関白」を気取ってみたりするタイプもいます。

突然に友達や上司を連れてきて、妻に料理を作らせたりすることも。

友達の前などで、夫に恥をかかせると後々まで恨まれるので要注意です。

⑤親との関係に違和感がある

モラハラ旦那は親や兄弟との関係に問題があることも。

  • ベタベタと依存している
  • 親兄弟にも見栄を張っている
  • 全く話をしない

モラハラ夫は、親や親族もモラハラだった可能性があります。

なので同じような人間関係しか築けなかったり、「自分の親が誰よりも正しい」と信じてしまっていることも。

妻の両親の悪口を言ったり、育ちをバカにしてきたりしてくるのもモラハラ夫の特徴です。

怪しい…辛いと思ったらすぐ相談を!

自分の旦那が「モラハラ気味かも…」「一緒にいて辛い…」と思ったらどうしたらよいのでしょうか。

まだ軽度の間は、自覚することによってモラハラがおさまる可能性もあります。

もし夫が、自分のことを不当にバカにしてくるようなら「そういう言い方はよくない」とハッキリ指摘しましょう。

  • 上司でもないのに命令しないで
  • 自分にも物事を選ぶ権利がある
  • 侮辱したりすることは、家族でもよくないことだ

家族といえども別の人格を持った人間なので、不愉快な言動をしていい筈がありません。

決してケンカ腰ではなく、諭すように静かに伝えてみましょう。

ただ、モラハラ旦那は時間がたてばたつほど感覚がマヒしてエスカレートします。

言ってもわからないようなら、 自分の家族や友人に相談すること。

自分だけで悩まず、客観的な意見を聞いて考えることも解決には大切です。

また、地域毎に相談窓口等も設置されているので、周りに相談できる人がいない場合はそういったものも利用してみましょう。

モラハラ・DVなどの相談を、どこにしていいかわからない方のためのサイトもあります。

まとめ

今回はモラハラ旦那の典型例をご紹介しました。

ただ「モラハラ」には今回上げた例以外にも、色々なパターンがあるかもしれません。

もし旦那と一緒にいるのが辛い、息苦しいと思ったら、自分に対する「モラハラ」はないか立ち止まって考えてみましょう。

そして 「うちの旦那モラハラ気味かも?」と思ったら、早めの対処をおすすめします。

難しい場合には、自分だけで悩まず誰かに相談しましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
エリ

エリ

モラハラ気味の旦那に振り回され気味。
そんな毎日をちょっとでも変えたい!
妻が元気になれるような記事を発信していきます。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です